【AliExpless】フライをタイイングする道具を4000円以下で揃えたい【激安】

フライ タイイング

フライタイイングセットは実はすごく安く手に入る

こんにちはフライ歴5年になってまだまだ初心者のKaniです。

 

これからフライのタイイングを始めようと思っている人たちの中でとにかく初期投資を抑えて始めたいと思っている方はたくさんいるかと思います。

 

・フライのタイイングの道具を安くそろえたい

・そもそも何が必要かわからない

・高い道具を買って飽きたら困る

 

上記の人に向けた内容になっています。

 

フライフィッシングで使われる道具は結構高いものも多く

入門セットもあるのですが、内容に要らないものが入っている場合が多く1万円ほどかかるようです。

 

私もよくあるマテリアル付きの1万円の入門セットを購入してタイイングを始めた人です

届いて実際に見てみると中身のほとんどは中国製、フックはすぐ折れるしで使えるマテリアルは半分くらい。

今思うと結構損な買い物をしました。

 

これならもっと値段を抑えてタイイングを始めることが分かったので、本当に必要なものだけをピックアップすることで難しく考えられているフライフィッシングの敷居を少しでも下げられたらと思います。

 

釣り具にかかわらず入門セットは大体いらないもの付いてきて値段水増ししてる気がします…

 

こちらのページでは道具のみの記事になります

スレッドや羽根などの素材(マテリアル)は別ページにて紹介しています。

 

 

タイイングに最低限必要な道具

 

下記の紹介欄に画像と商品リンクを張り付けましたので参考にしてください。

 

・タイイングバイス

机などに固定して釣り針を固定する万力のようなもの

固定しないタイプもありますが絶対やめたほうがいいです、結構しっかり力を入れて巻き止めるので動かないことが絶対条件です。

 

・ハーフフィニッシャー

フックに巻き付けた糸を結ぶ時に使用します。

針とセットになっています、針は接着剤を使うときなどに使用します

ボールペンの芯と縫い針で代用できます)

 

・ウィップフィニッシャー

役割はウィップフィニッシャーと同じですが、慣れてくる頃にはこちらの出番が多くなります。

ハーフフィニッシャーより自由度が高い巻き止めが出来ます。

 

・ボビンホルダー

フックに巻きとめる糸(スレッド)を固定する道具

 

・ハサミ

出来るだけ細かいものが切れるものが良いです。

手芸用のハサミで代用できます

 

上記5点があればフライをタイイングするスタートラインに立てます!

 

以下はあると助かる便利グッズです。

 

・ハックルプライヤー

羽根をつかんでフックにくるくる巻き付ける際あると作業がしやすいです。

高確率で机の上で紛失するのでクリップで代用していることのほうが多い。

 

・ヘアスタッカー

エルクヘアという鹿の毛を使うフライを巻く際、これがあるときれいに毛先を揃えることができます。

あるとないとでは仕上がりが全然変わります、結構よく使うフライなので購入していると便利

 

・ヘッドセメント

結び目がほどけてフライが壊れるのを防いでくれます。

特に始めたては結び目が甘くすぐ壊れるのであると便利

100均のマニキュア等で代用できます。

 

以上になります。

 

必要なものがそろったのでとにかく安く揃えてみる

必要なものが何か分かったところで

とにかく安く、ちゃんと使えるタイイングのアイテムを紹介します

今回も激安通販のAliExplessを活用してみたいと思います。

*画像クリックで商品ページに飛びます

 

・バイス

約2100円

 

・ボビンホルダー

約380円

1つでも良いのですが2~3個あるとスレッド(糸)を交換せずに済むので便利

 

・ウィップフィニッシャー

約360円

フィニッシャーとウィップフィニッシャー

1つで2つの機能を持っています

 

・ハサミ

こちらは日本製など品質の良いものを購入することをお勧めします

手芸用の鉄製の物でも構いません、鳥の毛先の1㎜くらいはみ出た部分も処理できるものが良いので、できるだけ刃先の鋭いものを購入してください

 

以上の3点とハサミを購入すれば問題ありません

3000円+ハサミ代で道具をそろえることができます。

 

必要な人はスタッカーも揃えていると後が楽です

釣具屋さんで購入すると えっ!?ってくらいの値段するので…

 

・スタッカー

約590円

釣具屋さんで買うと2000円以上します、私もコレを使用しています。

 

 

以上になります。

こちらの商品は実際に購入して使用しているため、役に立たない粗悪品ではなく問題なく使用しています。

ぶっちゃけると、釣具屋さんで買う格安キットの中身に入ってる物と同じです。

入門セット買うと同じものが入っていますのでどうせ買うなら安いほうを買ったほうがお得です。

 

もちろん値段なりの商品ではある為、ステップアップする際はメーカーから発売されているものを購入することをお勧めします。

 

 

まとめ

必ず必要な道具は

・バイス ・フィニッシャー ・ウィップフィニッシャー

・ボビンホルダー ・ハサミ

の5点だけ

 

フライタイイングの道具はアリエクで揃えると4000円以下になる。

 

釣具屋の格安入門セットの中身と同じものが届くので品質も一応それなり

といった結果になりました。

 

道具がそろったら素材(マテリアル)を購入することになると思います。

種類別でまとめたものを作りましたので別ページで紹介しています、是非覗いてみてください。

 

 

補足

アリエクで購入できるフライ用品で特にMaxcatchRoyalSissiというメーカーは道具やマテリアルも格安なので品質も悪いものが少なく、結構愛用している方が多い印象です。

個人的にもかなりお世話になっていて入門~中級向けとしては非常に優秀なメーカーだと思います、とにかくフライはお金かかりますから安いのは正義です。

 

もちろんオススメなのはフライ専門店で購入するもっと品質のいいフライマテリアルですので、そちらで買えるものに関しては専門店で購入するのが間違いありません。

 

紹介したアイテム

 

合計で3430円です

 

アウトドアが好きすぎてたまらない人。
釣り歴は25年でエサ、ルアー、フライ等あらゆる釣法、魚種に手を出しています。
魚を釣る為にバイクに乗ってテントを張るのがマイブーム。
自転車での日本一周や海外17か国をバッグ一つで巡った経験あり。

Kaniをフォローする
フライ タイイング
Kaniをフォローする
にほんブログ村
BishFling
タイトルとURLをコピーしました