バラギ湖で釣り、ルアー&フライで挑むもかなり厳しい結果に…【2021年9月】

フライフィッシング

こんにちは釣りキャンがたのしいKaniです。

 

9月中旬にバラギ湖で釣りとキャンプを楽しんできたので報告します。

 

結果で言うとかなり苦しい釣果となりました。

 

しかし今回の釣行でヒントになりえるものは収穫できたので、これから初めてバラギ湖で釣りする方の攻略のヒントになればと思います。

 

正直初心者には薦めづらいバラギ湖

 

今回満席状態のバラギ湖キャンプ場に飛び込みテントを設営し、13時からバラギ湖のボートハウスにて午後券を購入しました。

 

ボートハウスの場所が最初わからなかったけど

自販機とボートがたくさん止まっている場所が目印で木造のロッジの2階です、看板とか見当たらなかったので普通にわからなかった。

 

けっこう混んでいる中受付ついでに情報を収集してみるも

ちょっと厳しい。水温が高く、釣れるようになるのは9月後半から

釣れるとしたら一番奥の桟橋

 

との情報を頂いた、なんか不安。

 

ロケーションは良い!ロケーションは・・・

フライ立ちこみエリアからキャンプ場側へ向いてキャスト

 

 

9月の連休 天候晴れ 標高も高く天気も良いので釣り日和、湖の様子を見ながら一番奥の桟橋へ向かう。

クマが出るとのことで大音量のラジオがおいてあるが人がそれなりにいるのでクマが出る気配が一切感じられないので安心。

正直釣りをする分にはわりと良さそうだが水面はかなり静か。

 

一番奥の桟橋の先端で2gのスプーンをキャスト。

水深は届く範囲でも2mないくらい、拍子抜けするくらいに浅い

というか…魚の気配がない。

10人ほどまわりにいるが全員無反応でやばい気配が漂う

 

1時間ほどスプーンをキャストするも無反応なのでフライにチェンジすることにした。

 

一番奥の桟橋の根元にガボボボと水を吐き出す水流があるのでそこに小さいストリーマーを載せて引っ張る。

やたら小さい魚は付いてくるけどあれは何だろう、ウグイの稚魚かな?

 

そうこうしてるとピックアップ寸前で30㎝くらいのニジマスがスイー・・・コツンと1度当たった。

 

帰り際にもスプーンにバイトがあったのでこのポイントは魚が着いているらしい。

 

 

 

本命ポイントは一番奥の流れ込み

 

事前情報で一番奥に流れ込みがあるのは知っていたので釣るならココしかないと思っていた。

フライ立ちこみエリアですがルアーとかなり場所がかぶってるような…

 

桟橋からのマイクロスプーンは絶妙に届くかどうかの距離、3gくらいのスプーンなら余裕で届くと思います。

 

また、実際行くと本命の流れ込みはめちゃくちゃ小さい、川幅はまたいで渡れるくらい。

ただ水温が明らかに低いので水温が高い時期はここに魚が留まるようで、やっぱりここは激アツだと思います。

 

また、ここを狙う場合は目の前まで歩いて行けるフライが有利。

というかここにフライマンがいたらルアーは相当不利になると思います。

ただこの立ちこみポイントはかなり小さいので1~2人しか入れないので先行者がいたら入れません、朝一の場所取りで勝つしかないでしょう。

また、立ちこみエリアと記載していますが水につかるのはせいぜい30cmほどなので正直少し長めの長靴があれば十分対応でき、ウエーダーは逆にオーバースペック。

しかし流れ込みの水は長時間我慢できないくらいの冷たさがあるので流れ込みを避けて水に入るといいと思います。

 

14時半くらいから目の前でライズがちょこちょこ起きるようになり、桟橋のルアーが届かない位置なので作戦勝ちかなーとウキウキしてドライフライを浮かべていたが無反応でした。

マラブーに変更して引っ張りの釣りに変えても無反応。

 

30分ほど試行錯誤して#16の黒のトラウトガムにチェンジ。

いきなりひったくるアタリがあり半ば驚き気味にフッキング、元気に暴れる40㎝ほどのニジマスを無事ゲットすることができました。

 

ただ、これが最初で最後でした、桟橋組も見ている限り全滅。

前日に放流があったにもかかわらず相当苦しい戦いだったと思います。

釣果情報はカンパーニャ嬬恋のHPとボートハウス(こっちのが少し詳しい)に掲載してあり朝はそれなりにいい結果だったようで期待していたんですけどねー…

 

カンパーニャのブログの方で通っている人のヒットフライを見てみると黒のウーリーバガーのようなものを使用しているみたいです。

 

フライタックルは#2~4くらいが最適で水深は無いのでフローティングラインで十分だと思います。

 

9月のバラギ湖まとめ

・水温が高い時期はかなり厳しい

・基本的に放流の次の日を狙うしかない気がします

・狙い目は一番奥の桟橋で流れ込み

・フライ立ちこみエリアは場所取り争奪戦

・値段が高い割に釣果は厳しい

・初心者はエサ釣りエリアのほうが絶対に楽しい

・フライは黒系のストリーマー

・スプーンは3g前後

 

です、これからの時期は水温が下がって釣果が見込めるかと思いますが。

来年以降、この情報を参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウトドアが好きすぎてたまらない人。
釣り歴は25年でエサ、ルアー、フライ等あらゆる釣法、魚種に手を出しています。
魚を釣る為にバイクに乗ってテントを張るのがマイブーム。
自転車での日本一周や海外17か国をバッグ一つで巡った経験あり。

Kaniをフォローする
フライフィッシング釣り場情報
Kaniをフォローする
にほんブログ村
BishFling
タイトルとURLをコピーしました